080-1284-5398

2017.07.04

夏場の冷え対策!体の中から温まるさとう式リンパケア♪

夏場の冷えに注意

これからの季節、冷たい飲み物や食べ物と摂る回数が増え、冷房の効いた部屋で長時間過ごす機会が多くなります。
現代では、女性の7割が「冷え」を感じているようです。昔の生活と現代の生活では生活習慣、食習慣の変化などにより、筋肉が衰えやすく、代謝が悪くなり、冷えに悩む方が大変多いようです。
体にとって冷えはとても大敵であり、様々な不調や病気を招きやすくなります。
また、女性は男性よりも筋肉量が少なく、脂肪が多く、熱を生む力のない脂肪はより体を冷やしてしまいます。
そしてこれからの時期、エアコン、冷たい飲み物、食べ物、運動不足、食べすぎなどで夏の体はさらに冷えやすくなります。
女性は、子宮や卵巣のある下腹部は、体液循環が滞りやすく下半身が冷えやすい構造です。下半身が冷え、体液循環が滞ると子宮や卵巣が冷えてしまい、老廃物が溜まりやすくなります。
さらに、足元にいくほど血管は細くなり、内臓の集中している上半身と下半身と足元では6℃程の温度差があります。この温度差が開き過ぎないように、夏の過ごし方にはさらに注意が必要です。

冷え性と低体温の違い

冷え性と低体温は似たような意味合いに捉えている方も多いと思いますが、実は別物です。冷え性だからといって低体温であるとは限りません。
「冷え性」は、手足の末端の冷えで体温は36℃以上あり正常です。季節や気温に関係がなく体が部分的に冷えることです。
体は温かいのに手足が冷たい方です。女性に多いのですが、生活習慣、過度なダイエット、筋肉疲労、ストレスなどで体液循環が滞り引き起こされます。
「低体温」は、体の体温が低い状態のことです。低体温の人は熱を測ることで判断できます。これも不規則な生活習慣の積み重ねで引き起こされます。
36℃未満であれば、体の深部も冷えている可能性が高いことになります。
内臓が活発に働くために必要な体温は37.2℃で脇の下の体温が36.5℃くらいであれば、体内温度は37.2℃程度あるということになり、生命活動が最も活発になる体温で、細胞の新陳代謝も活発に行われます。
また、体温が1℃下がると、免疫力は40%も下がります。基礎代謝は約12%低下し、健康をおびかすことにも繋がります。

夏の冷えが秋の体調を左右する

夏は暑いので、体が冷えていることに気づいていない方も多いようです。二の腕や太ももの内側、お腹、おしり、柔らかい脂肪がつきやすい箇所を触ってみて、冷たければ体は冷えていることになります。
夏に作られた体は、次の秋のシーズンに不調があらわれてきます。秋の季節の変わり目に疲労感やだるさ、肩こり、睡眠障害などの体調不良を訴える方も多いのが事実です。冷えによる弊害は大きく、長年冷えを抱えていると老廃物を排泄しにくく、各細胞の機能の低下も起こります。

冷え対策にリンパケアで筋肉ポンプ機能を高めていこう

冷え対策として、冷たいもの、甘いものと摂り過ぎず、ご飯は良く噛むこと、ゆっくりお風呂につかること。少しの運動。たっぷりの睡眠。
あとは日頃のケアとして、さとう式リンパケアで冷えて凝り固まった筋肉をゆるめることで筋肉ポンプ機能が高まります。筋肉の状態をハリや弾力のある質の良い柔らかい状態にしておくと、筋肉ポンプが体液を促してくれるので、おのずと血流が良くなり、細胞一つ一つに栄養と酸素を届けやすい状態になります。体の老廃物や酸化疲労物質も排泄しやすくなります。
そうすることで、体液循環が体の隅々まで行われ、細胞が活性化しますので、体の深部から温まり、冷え性や低体温をやわらげてくれることになります。
夏はさとう式リンパケアで筋肉の質を上げて、冷え知らずの体作りを行っていきましょう!

2017.06.16

ダイエットにかかせない脂肪の代謝を促すさとう式リンパケア

脂肪を効率よく燃やす

余分な脂肪をエネルギー源として燃焼するのが筋肉の働きです。この代謝にとって、欠かせないのが筋細胞をめぐるリンパの流れです。
血液やリンパから新鮮な酸素や栄養を受け取った筋細胞は、糖や脂肪酸を燃やして細胞の代謝を行います。そして、筋肉が脂肪を燃やした後に出る老廃物や細胞の死骸、酸化物やアンモニア、疲労物質などをリンパに流れ出ます。これが静脈の毛細血管へと回収され、最終的には心臓へ戻されます。
ところが、姿勢のゆがみや老化など、様々な理由で筋肉が固く硬直すると、リンパの流れが停滞します。そうすると、筋肉は酸素や栄養が不足した状態になり、脂肪をうまく燃焼することができずに、脂肪はそのまま体内に溜まり、老廃物の回収も行われず、代謝が大幅に下がることになります。
リンパのめぐりが悪い人は、脂肪の燃焼効率が悪いということで、体も冷えて、むくみの原因にもなります。
そこで、筋肉のねじれや硬直をゆるめて、リンパの循環を促し、筋細胞の働きを良くすることが、脂肪を効率よく燃焼する近道となります。

脂肪や老廃物をスムーズに排出する筋肉のポンプ活動

リンパが全身の細胞の周りをめぐり、スムーズに循環する働きを促すのが筋肉のポンプ活動です。筋肉が収縮と膨張を繰り返しながら、ポンプのように伸び縮みをしてリンパの流れを促しています。
そこで、筋肉が緊張して固くなった状態ではこのポンプ活動はうまく機能せず、リンパも停滞しがちです。余分な水分や、老化を促進する酸化物や疲労物質などの老廃物がどんどん蓄積されて、むくみや慢性疲労の大きな原因になっていきます。すると、ますます筋肉は硬直し、脂肪を燃焼する代謝の力がさらに低下してしまいます。
この悪循環から抜け出すには、筋肉をふっくらとゆるめ、筋細胞を流れるリンパをスムーズに流すことが大切です。
柔らかくて弾力のある筋肉があれば、ポンプとしての機能を十分に発揮してくれます。
また、それをさらに促すのが呼吸です。横隔膜を上下運動することで肺を包む肋骨の筋肉もゆるみ、体全身のポンプである心肺機能も向上します。
体のすみずみに新鮮な酸素を送ることで、代謝がよく、脂肪の燃焼しやすい体質へと改善できるのです。
筋肉とリンパの関係は大変重要であることが分かります。

さとう式リンパケアとセルフケア

筋トレや激しい運動、食事制限で「がんばる」ことは逆効果です。さとう式リンパケアで老廃物を溜めない質の良い筋肉を作ります。そこには、がむしゃらにがんばることは必要ありません。また、簡単にできるセルフケアもありますので、常にリンパが流れるより良い状態を自分で作っていけることも大変魅力的です。

2017.06.02

足からのアプローチで美リンパに!さとう式インソール基本講座がおすすめです♪

さとう式インソール基本講座とは?

さとう式リンパケアの屈筋理論をもとに、筋肉(屈筋群)を有効に効率よく楽に身体を使えるようにしてくれるのが、さとう式リンパケアのインソールやテーピングです。さとう式の理論や屈筋の働きを学び、身近にあるもので、自分に合ったインソールの作り方やテーピング方法を習得することができます。
インソールやテーピングを用いただけで、筋肉の緊張は自然と解放されて、驚くほどの身体の安定感がうまれます。

このような方におすすめです☆

○猫背、巻き肩など姿勢が気になる方
○立ち仕事の方
○すぐに疲れる
○むくみやすい
○靴が合わない
○歩き方、走り方のバランスが悪い
○仕事、スポーツ、勉強、技術などのパフォーマンスを上げたい
○集中力を高めたい
○スタイルアップしたい
○からだに限界を感じている
○精神を安定させたい
○さとう式リンパケアが気になる方

受講後にできること

受講後は、ご自身はもちろんご家族や大切な方へインソールを作って差し上げることができたり、テーピングを巻いて差し上げることができます。
また、からだケアをお仕事とされている方は、個人セッション、施術時にケアの一環としてテーピングやインソールをして差し上げることができます。

講座日程

6月17日(土)10時~12時 または 14時~16時(各回2時間、3名様限定)
6月28日(水)10時~12時 または 14時~16時(各回2時間、3名様限定)
料金:15,000円(テキスト・インソール・認定証付)
場所:シエン

少人数制の講座ですので、和やかな雰囲気でお一人お一人に丁寧に対応します。
お問い合わせや受講希望の方は、メールやお電話にてご予約を宜しくお願い致します。
また、講座のリクエストも受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

2017.06.01

免疫力低下の一つである低体温をさとう式リンパケアでぽかぽかボディーに

低体温とは?

低体温とは、一般的に大人が平均35.5℃、子どもが36℃近くの状態をしめします。
低体温だと身体が冷えて免疫力が低下していまい、風邪やインフルエンザに罹ったり、他の病気に罹りやすくなります。
通常、人間の体温は37℃前後に保たれています。37℃あると、熱?風邪?と思いがちですが、身体細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、病気に罹りにくく、健康で活動的な状態を保つ最適な体温が37℃と言われています。
人間は、体温が一定に保たれている恒温動物ですが、低体温になると体温を一定に保つための酸素の活動が鈍るので、病気にかかりやすくなってしまいます。

冷えは万病の元

昔から「冷えは万病の元」と言われるように、様々な不調や病気を引き起こします。下半身(子宮・卵巣・生殖器・膀胱)が冷えると、婦人病や更年期障害が起こりやすくなります。 頭痛、肩こり、首こり、便秘、腰痛、不眠、自律神経失調症、アトピー性皮膚炎、アレルギーなどの症状も引き起こしやすくなります。
この状態をほおっておくと、動脈硬化、脳梗塞、ガンなどの重い病気に繋がるおそれもあります。
低体温は、身体の活力と免疫力を衰えさせるので、病気になりやすく、治りにくくなります。

さとう式リンパケアで筋肉ポンプ機能をアップ

体温を上げるために、食生活や生活習慣の改善ももちろんですが、身体の熱を作ってくれる質の良い筋肉も大変重要です。人間が作る熱の約4割は筋肉運動によってうまれています。筋肉は体内最大の発熱機関ですので、さとう式リンパケアで筋肉をゆるめ、柔らかくハリや弾力のある質の良い筋肉を取り戻すことにより、筋肉のポンプ機能を十分に発揮することができます。
筋肉のポンプ機能が高まると、体液循環(リンパ管質液)の流れも整いますので、身体中の細胞が呼吸をしだすと、熱を発生して体温が上がります。
筋肉を良い状態に保ち、ポンプ機能を高めていけるさとう式リンパケアで心も体もぽかぽかボディになりましょう。

2017.03.07

花粉症予防にはさとう式リンパケア

花粉症でお困りの方に今からでも間に合うリンパケア

そろそろ花粉症の時期がやってきますね。もうすでに花粉は飛んでいるそうですが。。
毎年花粉症にお悩みの方は、つらい経験から早めにお薬を飲んだりしているようです。
お薬は対処法なので、根本を治すというよりは症状を抑えるという効果があります。
しかし、薬には副作用がありますので、眠気がきたり、胃の負担や仕事がはかどらなくなったり。
本当は飲みたくないけど、酷くなってつらい経験をするのであれば、何もないうちに軽いうちに服用するとよいといいますね。

しかし、根本的に緩和したいのであれば、まずはリンパの流れを良くしましょう。
体内の中に花粉が入り、通常であれば、リンパ管で回収されて排泄されるのですが、炎症性物質がリンパ管につまって炎症がおこりいつまでも症状が引きません。
花粉などの異物は、リンパ節で処理されて分解されます。
リンパ節は全身に800個もあり、手足や頭部を繋ぐ関節部に集中しています。鎖骨の下には太いリンパ節があり、目や鼻や喉のリンパ管はすべてここに繋がっています。
リンパ管が詰まっていると、鎖骨下で圧痛があります。
リンパの流れを良くし、体内からどんどん排泄させていきましょう。

花粉症・鼻つまりには緩めるケア

花粉症やアレルギー性鼻炎の人はリンパの流れが悪く、鎖骨の付け根に痛みを感じる部分があります。
まずは、鎖骨の下のリンパ節をゆるめましょう。
①鎖骨を指で挟んで優しくなでる
②耳下から鎖骨上のくぼみに向かって優しくなでる
③もう一度鎖骨を挟んでなでる
④肘を90度に曲げて腕を後ろに30回ほど回す
毎日のセルフケアで、リンパの流れを良くして花粉症を緩和させていきましょう。

2017.02.16

ドライアイにはさとう式リンパケアが有効

ドライアイでお悩みの方はさとう式リンパケアをお試しください

現代社会では、パソコン、スマホ、テレビ、ゲームなど、電子機器に触れる機会がとても多く、目の疲れを感じる人が増えています。子どもでもスマホやゲームなど、長時間の使用で目を酷使している子も多いようです。
ドライアイや眼精疲労は、単に目の疲れの「眼疲労」とは医学的に違うもので、強い症状が長期的に続いたり、身体に悪影響を与えているものを指します。
涙が出ないと、目が乾いて傷がつきやすい状態になります。ドライアイの症状が重くなると、目の表面に細かく無数の傷がついている場合もあります。
スマホやパソコン作業、ゲームなどの画面を見続けていると、まばたきの回数が少なくなります。通常は1分間に15回程度まばたきをするのですが、画面を見続けると回数が3分の1にまで減少してしまうことがあります。
目の周りの筋肉が衰える中高年の方や筋肉の発育の良くない若者に増えているそうです。
あと、コンタクトレンズの使用もドライアイにでない人にも目が乾きやすくなります。ドライアイの治療で、医療機関から点眼薬が使われることもあります。

ドライアイに有効な緩める筋肉

さとう式リンパケアで、側頭筋、咬筋、顎周りの筋肉をゆるめ、体液循環を良くすることで、老廃物をスムーズに排泄していきましょう。
目の周りの筋肉もゆるみとても楽になります。
あとは、根本的なところで、スマホやパソコン、ゲームを良く利用する人は、定期的に休めケアすることや睡眠を大切にしたり、部屋の湿度を保つなどにも気をつけるようにして下さい。